平成28年度
まちづくり人財養成講座と「まちづくりプラン大賞」コンペティション

まちづくり人財養成講座及び「まちづくりプラン大賞」コンペティションとは

この講座は「米沢市まちづくり総合計画第3期実施計画登載事業」として、市民のまちづくりプランをより具現化しやすい環境を整え、まちづくりに積極的に関わり合いを持とうとする市民の育成を図ります。

まちづくりプラン大賞【PDF】

このページのトップに戻る

講座実施の背景

1.米沢市生涯学習振興計画(平成14年策定)に基づく施策として

 本市の目指す生涯学習=「市民主体の生涯学習によるまちづくり」

 基本構想=生涯学習によって人づくりを行い、人づくりをまちづくりに繋げること

 基本目標=「米沢鷹山大学の整備・充実」と「生涯学習推進体制の整備」

「米沢鷹山大学の整備・充実」のために学習機会の提供や学習活動の支援に努めます。さらに「学びの成果の評価と活用」施策を充実させます。また、「生涯学習推進体制の整備」として「庁内の生涯学習推進体制の整備」をさらに進めます。

2.「米沢市まちづくり総合計画」(平成28年策定)で掲げたまちの将来像を実現するため

 将来像=「ひとが輝き 創造し続ける 学園都市米沢」

   基本=「市民が積極的に参加するまちづくり」

総合計画では、「協働のまちづくり」が基本です。その計画の実現のために生涯学習分野でできるまちづくりを今後さらに充実させていきます。

このページのトップに戻る

講座の目的

「ひとが輝き 創造し続ける 学園都市米沢」の実現を目指し

(1)市民が中心となってまちづくりをするための学びの場を提供すること

(2)市などへ各種提言等を行うことができる人、地域の財産となる人を養成すること

(3)市民と行政との連携を深め、学びの成果を庁内で活かすシステムを作り庁内の生涯学習推進体制の整備を進めること

(4)コミュニティビジネスを利用した継続可能なまちづくりグループの育成を図ること

このページのトップに戻る

講座プログラム

講座プログラムは、こちら【PDF】 をご覧ください。

【PDF】をご覧の際、必要です

このページのトップに戻る

講座の内容

全9回の連続講座。以下の4つの学びを組み入れてカリキュラムを作成しました。

(1)「まちづくり」に必要な視点や市民と行政との協働のまちづくりの先進事例の学び

(2)市の現状や計画についての学び

(3)提言書作成方法の学びと、作成演習をとおしての学び

(4)まちづくり事業費を利用して具体的なまちづくり活動の学び

「まちづくりプラン大賞」コンペティション発表資料 及び「まちづくりの提案」プレゼンテーション & 提言書

【PDF】をご覧の際、必要です

このページのトップに戻る

Copyright Yonezawa Yozan University All Rights Reserved.