平成24年度まちづくり人財養成講座と「まちづくりプラン大賞」コンペティションの様子

まちづくり人財養成講座及び「まちづくりプラン大賞」コンペティションとは

この講座は「米沢市まちづくり総合計画第3期実施計画登載事業」として、平成22年度から24年度の3ヵ年にわたり受講生を募り実施します。まちづくり人財養成講座事業を発展させ「まちづくりプラン大賞」コンペティション(まちづくりプランナー創出事業)を実施します。市民のまちづくりプランをより具現化しやすい環境を整え、まちづくりに積極的に関わり合いを持とうとする市民の育成を図ります。

このページのトップに戻る

講座実施の背景

1.米沢市生涯学習振興計画(平成14年策定)に基づく施策として

 本市の目指す生涯学習=「市民主体の生涯学習によるまちづくり」

 基本構想=生涯学習によって人づくりを行い、人づくりをまちづくりに繋げること

 基本目標=「米沢鷹山大学の整備・充実」と「生涯学習推進体制の整備」

「米沢鷹山大学の整備・充実」のために学習機会の提供や学習活動の支援に努めます。さらに「学びの成果の評価と活用」施策を充実させます。また、「生涯学習推進体制の整備」として「庁内の生涯学習推進体制の整備」をさらに進めます。

2.「米沢市まちづくり総合計画」(平成18年策定)で掲げたまちの将来像を実現するため

 将来像=「豊かさとやすらぎ 共に創り上げる ときめきの米沢」

   基本=「協働のまちづくり」

総合計画では、「協働のまちづくり」が基本です。その計画の実現のために生涯学習分野でできるまちづくりを今後さらに充実させていきます。

このページのトップに戻る

講座の目的

「豊かさとやすらぎ 共に創り上げる ときめきの米沢」の実現を目指し

(1)自分の住むところを「共に創り上げる」ための学びの場を提供すること

(2)市などへ各種提言等を行うことができる人、地域の財産となる人を養成すること

(3)市民と行政との連携を深め、学びの成果を庁内で活かすシステムを作り庁内の生涯学習推進体制の整備を進めること

(4)コミュニティビジネスを利用した継続可能なまちづくりグループの育成を図ること

このページのトップに戻る

講座プログラム

講座プログラムは、こちら【PDF】 をご覧ください。

【PDF】をご覧の際、必要です

このページのトップに戻る

講座の内容

全12回の連続講座。以下の3つの学びを組み入れてカリキュラムを作成しました。

(1)「まちづくり」に必要な視点や市民と行政との協働のまちづくりの先進事例の学び

(2)市の現状や計画についての学び

(3)提言書作成方法の学びと、作成演習をとおしての学び

(4)まちづくり事業費を利用して具体的なまちづくり活動の学び

  • 1回目 平成24年6月14日㈭ 18:30〜 開講式 米沢市長・オリエンテーション・演題 「えっ!まちづくりに必要なもの?やっぱりマドンナ探しからかな!!」講師 地域活性化伝道師(内閣官房) 斉藤 俊幸 氏
    開講式・オリエンテーションのあと講義がスタート。
    米沢市長あいさつ
    講師 地域活性化伝道師(内閣官房) 斉藤 俊幸 氏
     知恵と工夫で自立する地域づくりやものづくりによるコミュニティの活性化を行い、やる気のある担い手の育成に定評がある。 今まで使われなかった資金が循環する仕組みづくりをし、こうした取り組みの中から「瓢箪から駒」「怪我の功名」「思惑倒れ」か ら新たな発想が生まれてくる。地域活性化の方向性は現場の試行錯誤で見えてくる。知恵を絞る、工夫する。そんな現場に居合わ せたいといつも考えている。  高知県土佐市地域力創造アドバイザー(総務省)として土佐市経済産業課赴任、高知県本山町地域再生マネージャー(総務省) として本山町まちづくり推進課赴任、地域活性化伝道師(内閣官房)、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域経営の達人(総務省)
  • 2回目 平成24年6月21日㈭ 19:00〜 演題『買わねぐていいんだ』 講師 株式会社日本レストランエンタプライズ チーフインストラクター 茂木 久美子 氏
     天童市出身 山形弁が武器 車内販売のカリスマ(月刊誌 商業界 コラム執筆)  群を抜く売上成績が評価されて、06年に最年少でJR東日本管内の車内販売員約1300人の中で3人しかいないチーフインストラク ターに抜擢。  「たった3時間の旅だけど特別な思い出になってほしい。方言にびっくりしたり、楽しく会話したり。山形県民として少しでも山形 県や、山形新幹線のアピール、山形「らしさ」を伝えていきたい。降りるときに『良かったな』と思ってもらえればそれで、十分です!」
  • 3回目 平成24年6月28日㈭ 19:00〜 演題 「地域活性化?モノをつくるのをやめると、人が見えてくる。状況はまだまだ好転させられる!!」 講師 「コミュニティデザイナー 山崎 亮 氏(情熱大陸2011年5月22日放映)
    あの情熱大陸で放映されて以来、全国津々浦々から講師依頼が舞い込んでいる。溢れる「地元愛」を街づくりに活かす プロフェッショナル。コミュニティデザイナー。人と土地の“繋がり方”を模索し、地元住民のニーズを調査して公共事 業に活かしたり、企業と住民のコラボレーションプロジェクトの橋渡しをするのが彼の仕事だ。パソコンとキャリーバッ グ1つで東奔西走365日…ある時は漁業の町でオバサマ達と魚を捕り、またある時は離島の若者と踊り豪快に笑う38歳だ。
  • 4回目 平成24年7月6日㈮ ・ 9月28日㈮  19:00〜 演題 「もうひと花咲かせる「あなた」の生き方と自分へのご褒美のつくり方」講師 みやぎグリーン・ツーリズム協議会 顧問 宮原 育子 氏
     11年間の旅行会社勤務した後、社会人で明治大学2部入学。以降、東京学芸大学大学院、東京大学大学 院で地理学を学び、宮城大学事業構想学部で活躍し学生たちと地域の資源を生かした観光振興のあり方を 中心に研究し、休みの日は高畠町で過ごす「もうひと花咲かせた女性」だ。
  • 4回目 平成24年7月12日㈭ 19:00〜 演題 「行列のできるイベントチラシの作り方」〜人集めに頭を抱える担当者必見!!〜講師 牟田 静香 氏
     商品や企画のほかにはないウリはなに?だれに向けてやるの?来てくれた人は何を得て帰れるの?人集めに頭を抱える担当者 を見て、どうすれば人が集まるかを研究。全国100カ所以上で講演、彼女の企画は常識を破り、彼女の講座を受講した担当者の 事業は、通常の3倍以上という脅威的利用率が向上する。見る人の目線を大切に、プランづくりやキャッチコピーを指導します。
  • 5回目 平成24年7月19日㈭ 19:00〜 演題 「美味しさの秘密はこだわり」 講師 セゾンファクトリー社長 齋藤 峰彰 氏
     実家は代々続く醤油屋で、家業を継ぐため東京農大の醸造科に通っていましたが、大学4年生のときに父が事業に 失敗し倒産してしまいます。そこで私は東京から戻り、学生時代、合宿先の長野で購入した、感動的な美味しさの手 作りぶどうジャムとの衝撃的な出逢いを思い出し、醤油蔵に石油缶とガス台を持ち込んでジャム作りを始めました。 
  • 6回目 平成24年8月23日㈭ 19:00〜 演題 「『富士宮やきそば』ブランドづくりを成功させるまで」 講師 富士宮やきそばブランド仕掛け人 渡辺 孝秀 氏
    富士宮市の青年会議所が開いたワークショップをきっかけに、まちおこしブランドを募った。大人から子供ま で広く募集し、小学生提案の「やきそばでまちおこし」を採用した。当初協力者がまばらで、孤独を味わったが、 「焼きそば学会」など変わった企画で、マスコミを味方につけ今や10年で500億円の経済効果をたたき出した。
  • 7回目 平成24年8月30日㈭ 19:00〜 演題『市民が主役のまちづくり』・ 「まちづくりと私」講師 米沢市長 出前講座「まちづくり総合計画」「米沢市の財政」講師 米沢市職員    
  • 8回目 平成24年9月10日㈪ 19:00〜 演題 「食は遠くの人を呼び寄せる力をもっている」 講師 アルケッチャーノ 奥田 政行 氏
     土地柄と気候から「庄内は日本のイタリア」と評し、庄内で獲れた生命力溢れる食材で、「世界でたった一つの イタリアン」を作り出す。食通のみならず、日本を代表するイタリアンシェフたちさえも一度食べてみたいと願 う奥田の料理。食をとおしたまちづくりで大活躍、スカイツリーへ出店準備で大忙しのところ御講義いただきます。
  • 9回目 平成24年9月13日㈭ 19:00〜 演題 「エッセイストとして、母として。田舎と東京、どちらの良さもある働き方・暮らし方」 作家・エッセイスト・イラストレーター きくち いま 氏
     村山市在住。全国各地での講演活動もこなす3児の母でもある。きものの広告・出版会社にコピーライターとして企業に勤 めた後、99年に独立し、フリーライター、イラストレーターとなる。地域の女性を元気にするライフスタイルの提案には定評 がある。主な著書「かわいい楽しい着物きこなしアイデア帖」 河出書房新社「だれでもかわいく描けるおしゃべりイラスト 気 持ちを添えるイラストのコツがいっぱい」 実業之日本社「よくわかるきものの着付けと帯結び 家族みんなで使える 紬・ゆかた・ 訪問着・振袖・袴から、男性・子ども用まで」 PHP研究所「わたしが好きな和の生活」 河出書房新社「キラキラ着物絵日記」
  • 10回目 平成24年9月20日㈭ 19:00〜 『前年度まちづくりプラン大賞受賞者』プランプレゼンテーション受講
  • 11回目 平成24年9月28日㈮  19:00〜 演習プレゼンテーション  
    グループごとにまとめたそれぞれのプランをもとに、改善指導。
  • 12回目 平成24年11月11日(日) 13:00〜 「まちづくりプラン大賞」コンペティション審査発表会・終了式
    「まちづくりプラン大賞」コンペティション審査発表会を伝国の杜大会議室で行いました。午前中はリハーサル。午後1時から本番です。市長、教育長他、たくさんのお客様にお越し頂き、米沢を良いまちにしたいという熱い思いで受講生の皆さんが提言し、事業費を獲得していただきました。

「まちづくりプラン大賞」コンペティション発表資料 及び「まちづくりの提案」プレゼンテーション & 提言書

【PDF】をご覧の際、必要です

このページのトップに戻る

Copyright Yonezawa Yozan University All Rights Reserved.