平成23年度米沢鷹山大学まちづくり人財養成講座と「まちづくりプラン大賞」コンペティション(まちづくりプランナー創出事業)の様子

米沢鷹山大学まちづくり人財養成講座及び「まちづくりプラン大賞」コンペティション(まちづくりプランナー創出事業)とは

この講座は「米沢市まちづくり総合計画第3期実施計画登載事業」として、平成22年度から24年度の3ヵ年にわたり受講生を募り実施します。まちづくり人財養成講座事業を発展させ「まちづくりプラン大賞」コンペティション(まちづくりプランナー創出事業)を実施します。市民のまちづくりプランをより具現化しやすい環境を整え、まちづくりに積極的に関わり合いを持とうとする市民の育成を図ります。

このページのトップに戻る

講座実施の背景

1.米沢市生涯学習振興計画(平成14年策定)に基づく施策として

 本市の目指す生涯学習=「市民主体の生涯学習によるまちづくり」

 基本構想=生涯学習によって人づくりを行い、人づくりをまちづくりに繋げること

 基本目標=「米沢鷹山大学の整備・充実」と「生涯学習推進体制の整備」

「米沢鷹山大学の整備・充実」のために学習機会の提供や学習活動の支援に努めます。さらに「学びの成果の評価と活用」施策を充実させます。また、「生涯学習推進体制の整備」として「庁内の生涯学習推進体制の整備」をさらに進めます。

2.「米沢市まちづくり総合計画」(平成18年策定)で掲げたまちの将来像を実現するため

 将来像=「豊かさとやすらぎ 共に創り上げる ときめきの米沢」

   基本=「協働のまちづくり」

総合計画では、「協働のまちづくり」が基本です。その計画の実現のために生涯学習分野でできるまちづくりを今後さらに充実させていきます。

このページのトップに戻る

講座の目的

「豊かさとやすらぎ 共に創り上げる ときめきの米沢」の実現を目指し

(1)自分の住むところを「共に創り上げる」ための学びの場を提供すること

(2)市などへ各種提言等を行うことができる人、地域の財産となる人を養成すること

(3)市民と行政との連携を深め、学びの成果を庁内で活かすシステムを作り庁内の生涯学習推進体制の整備を進めること

(4)コミュニティビジネスを利用した継続可能なまちづくりグループの育成を図ること

このページのトップに戻る

講座プログラム

講座プログラムは、こちら【PDF】 をご覧ください。

【PDF】をご覧の際、必要です

このページのトップに戻る

講座の内容

全12回の連続講座。以下の3つの学びを組み入れてカリキュラムを作成しました。

(1)「まちづくり」に必要な視点や市民と行政との協働のまちづくりの先進事例の学び

(2)市の現状や計画についての学び

(3)提言書作成方法の学びと、作成演習をとおしての学び

(4)まちづくり事業費を利用して具体的なまちづくり活動の学び

  • 1回目 6月23日 開講式 米沢市長・オリエンテーション・演題 「まちづくりの魔女の日々挑戦」講師 足立千佳子 氏 特定非営利活動法人 まちづくり政策フォーラム 理事 
    開講式・オリエンテーションのあと講義がスタート。
    米沢市長あいさつ
    講師 特定非営利活動法人 まちづくり政策フォーラム 理事 足立千佳子 氏
    大学時代に柳田民俗学を学ぶ→嫁ぎ先でまさに遠野物語的な日々を体験→聞き書きを認められ仙台市史民俗編で現地コーディネーター→仙台市の様々な講座に参加→まちづくり政策フォーラムに参画→協働のまちづくりの現場を数多く体験→せんだいプチファーム設立→夢工房として独立→東北圏地域づくりコンソーシアム推進協議会に参画→震災後、どっぷりと被災地支援な日々ですが・・・→食育、グリーンツーリズム、まちづくりワークショップ、公共交通利用促進、地域づくり計画支援→まちづくり魔女としてこれからもさまざまな場面に・・・と日々のパワフルな、ご自身のまちづくり活動をご教示いただき、「まちづくりプラン大賞」コンペティションに向け研修を行いました。本当にパワフルでした。元気が出ました。
  • 2回目 6月30日 演題「コミュニティレストランと地域づくり」 講師 NPO法人活き粋あさむし 事務局長 三上 公子 氏
    コミュニティ・レストランは、地域の人々の多様なニーズにあわせて、「安全安心な食の提供」「障害者の働く場づくり」「不登校の子どもたちの出口づくり」「高齢者の会食の場づくり」「循環型社会の拠点作り」等々のテーマをもって立ち上げて、NPOとして運営して行こうとするNPOの起業モデルです。また、食の提供に対しては「地産地消」「旬産旬食」「エコ・クッキング」を基本としています。政治が悪い、行政が悪い、世の中が悪い、この地域が悪い、この地域には古い考えの人ばかり、自分は仲間に恵まれていない、私は運が悪い、何やったって、どうせ、何も変わらないよそれは理想論だよ・・・ではなく⇒いくら行政が事業を行ってきても、変わっていないものがたくさんある。本当に大事だなと思うことを少しの仲間だけからでも始めること。地域のことをやっているけど、世界の常識も知らないと、未開の地の人になってしまう。離れた所にいる仲間も作ろう。共感ネットワークへ。数人の信頼できる人との関係から始まる。信頼できる人から信頼できる人へ。地域で暮らしていくために必要な心の支え。
    うーム深いー。実践されている重みのあるお話ばかりでした。青森から遥遥ありがとうございました。
  • 3回目 7月4日 演題 「食から始まる地域づくり」 講師 「食の都庄内」親善大使、イタリア料理店 「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ 奥田 政行 氏
    食からコミュニティビジネスのまちづくり事例や手法及び発想・考え方などをご指導いただきました。 「食べ物は遠くの人を呼び寄せる力を持っています。震災で被災した方々を食をとおして助けたい。地域の食材を守りたい。中華料理、フランス料理、イタリア料理の由来と違い。水は地域の特性をつくる。アル・ケッチァーノの料理を食べると頭の中に物語が浮かんでくる・・」
    地域が持っているおいしい資源を瞬時に捉え、アイディアとこだわりで地域の人々の心を動かし続けていることがよくわかりました。
  • 4回目 の@ 7月7日 演題 「あなたの中の『財産』を輝かせませんか?誰かの『明日づくり』のために」講師 ブルーム 代表 石田 理果 氏
    ブルーム…活動をおこすまで…両親が倒れたピンチ生活のおかげで得た 大充実の一日24時間!充実その1、出かけられないなら出かけなきゃいい!で資格取得8個。充実その2、介護って難しい…なら学べばいい!で福祉大学の通信教育部に3年次編入する。充実その3、父の会社の整理が肩にかかるならとことんやるぞ!で会社の整理方法を経験する。充実その4、ついでに自分のぜい肉も整理してやる!で20キロ強のダイエットに成功する。自分らしさの落とし穴。お任せの大切さ・難しさ。『コミュニティビジネスの原点は周りの方に力をお借りしていくこと!』『頼まないと頼まれなくなるよ』ある女性から頂いた気づき。1人の良さ・みんなの良さ・すべて感謝。それでもなぜ、人は人に会いに通うのか?これからの時代のカルチャーコミュニティを考える。提供するものは単に資格取得・しゅみの場所提供だけではない。集団としてではなく、「個」に働きかけていく。提供するものが形あるものではなくなってきた時代背景。時代が粋になってきた?
    米沢にすごい女性がいます。まだ、若くてかわいらしい30代です。まちづくりの講師デビューをはたしました。伸び盛りです。ぜひ、皆様ご利用ください。
  • 4回目 のA 7月7日 演題 「米沢に魅せられて」講師 ローズレーン 代表 黒田 三佳 氏
    里山コミュニティビジネスの種 黒田が考えるコミュニティビジネス。自分の思いを形にできる。お金をもらって責任を感じ、「ありがとう」と言われ「もっとがんばろう」を感じる。自分の思いを伝えられる。人との出会い 家から社会へ決まりは自分で作れる。思考する癖がつく。ドリーマー・リアリスト・クリティックになれる。やりたいときにいつからでもあらゆる人生のステージで子供の手が離れないとき親が病気のときだれかと繋がっていたいとき。まずは心の地図を描く事から始まります私の場合、ドリーマーそれから心の地図を描くのが好き。コミュニティビジネスをする事を目標にしない。(それは手段)あなたの本当の想いと目的にしっかりと向き合って下さい。想いとは、どんなことをしたいのか、目的とは、それを通じて何を実現したいのか、でも、そんなに真剣に考えないで!コミュニティビジネスに大切なこと、完璧をめざさない。自分で規則を作り苦しまない。人の心も家族の状況も変化する。それは成長、成熟と考える。コミュニティビジネスとは何かを勉強しすぎないで!・・・
    米沢は、すごい財産・・・人財がいらっしゃいます。まちづくり講師にお声がけください。
  • 5回目 7月15日 演題 「『もう、ひと花咲かせる』ためのあなたの生き方を見つけませんか」 講師 宮城大学事業構想学部教授 宮原 育子 氏
    「地域の資源を生かしたまちづくり活動をしています」「生まれも育ちも東京で東京大学大学院卒業後、宮城大学事業構想学部教授としてご活躍される傍ら、山形県高畠町に住まわれ、住民の方々と観光をキーワードに地域づくりの実践を行われています。マツボックリで博士号を取得されたため、そちらもすごく面白い話がお聞きできました。現在は、伊達政宗の地理的空間をテーマに観光開発にご活躍されていました。また、「東北の長崎」という米沢に関連した本がお気に召されていました。31歳から社会人で大学に入学し、もう、ひと花咲かせた、まちづくり実践の実力派の先生でした。」  
  • 6回目 8月25日 演題 「あなたの思いを応援します」 講師 NPO法人あきたNPOコアセンター理事 吉田理紗 氏 秋田の地域活動でご活躍されている方を中間支援しています。講座の後に「私もなにかやってみようかな!」と思っていただければ嬉しいです
    「講師をするのは今日が初めてです」とおっしゃっていましたが、全然そうは見えませんでした。堂々とした講義に受講者はすっかり魅了されていました。内容は「どうしてまちづくりに携わるようになったか」で、幼少の頃からの出来事を交えながらお話いただきました。デビュー戦でもありプロデュースしたほうとしては少し不安がありましたが、新潟のまつりを手づくりでしていった画像や動画を見せられた頃にはドップリ話に感情移入し、不安を忘れていました。地域の人たちの個性的なプランで「秋田美人」を地方から発信し、モデル提供していく地域おこしプロジェクトは是非成功してほしいです。
  • 7回目 9月1日 演題 「まちづくりと私」講師 米沢市長  出前講座「まちづくり総合計画」「米沢市の財政」講師 米沢市職員    
  • 8回目 9月15日 演題 「シニアは地域の埋蔵金〜アイディアはまだまだ若いものには負けない〜」 講師 三鷹CB研究会協議会幹事 堀池 喜一郎 氏
    行政と協働事業など地域に貢献する事業型NPOの活動をおこなう。シニアSOHOビジネスを手掛け、生きがいを創造しています。
  • 9回目 9月30日 演題 「まちづくりの提案とプランづくり」 〜「まちづくりプラン大賞」コンペティション〜に向けたプレゼン指導  講師 宮城大学事業構想学部教授 宮原 育子 氏
  • 10回目 演題 「前年度受講者のプレゼンテーション」  講師 前年度人財養成講座受講者
  • 11回目 演題 演習プレゼンテーション最終確認  
    グループごとにまとめたそれぞれのプランをもとに、改善指導。
  • 12回目 11月6日 「まちづくりプラン大賞」コンペティション審査発表会・終了式
    「まちづくりプラン大賞」コンペティション審査発表会を伝国の杜大会議室で行います。午前中はリハーサルを行います。午後1時から本番です。市長、教育長他、たくさんのお客様にお越し頂き、米沢を良いまちにしたいという熱い思いを受講生の皆さんに提言していただき、事業費を獲得していただきます。

このページのトップに戻る

「まちづくりの提案」プレゼンテーション & 提言書

【PDF】をご覧の際、必要です

このページのトップに戻る

「まちづくりプラン大賞」コンペティション発表資料 及び「まちづくりの提案」プレゼンテーション & 提言書

【PDF】をご覧の際、必要です

このページのトップに戻る

Copyright Yonezawa Yozan University All Rights Reserved.

Copyright Yonezawa Yozan University All Rights Reserved.