平成22年度米沢鷹山大学まちづくり人財養成講座と「まちづくりプラン大賞」コンペティション(まちづくりプランナー創出事業)の様子

米沢鷹山大学まちづくり人財養成講座及び「まちづくりプラン大賞」コンペティション(まちづくりプランナー創出事業)とは

この講座は「米沢市まちづくり総合計画第3期実施計画登載事業」として、平成22年度から24年度の3ヵ年にわたり受講生を募り実施します。まちづくり人財養成講座事業を発展させ「まちづくりプラン大賞」コンペティション(まちづくりプランナー創出事業)を実施します。市民のまちづくりプランをより具現化しやすい環境を整え、まちづくりに積極的に関わり合いを持とうとする市民の育成を図ります。

このページのトップに戻る

講座実施の背景

1.米沢市生涯学習振興計画(平成14年策定)に基づく施策として

 本市の目指す生涯学習=「市民主体の生涯学習によるまちづくり」

 基本構想=生涯学習によって人づくりを行い、人づくりをまちづくりに繋げること

 基本目標=「米沢鷹山大学の整備・充実」と「生涯学習推進体制の整備」

「米沢鷹山大学の整備・充実」のために学習機会の提供や学習活動の支援に努めます。さらに「学びの成果の評価と活用」施策を充実させます。また、「生涯学習推進体制の整備」として「庁内の生涯学習推進体制の整備」をさらに進めます。

2.「米沢市まちづくり総合計画」(平成18年策定)で掲げたまちの将来像を実現するため

 将来像=「豊かさとやすらぎ 共に創り上げる ときめきの米沢」

   基本=「協働のまちづくり」

総合計画では、「協働のまちづくり」が基本です。その計画の実現のために生涯学習分野でできるまちづくりを今後さらに充実させていきます。

このページのトップに戻る

講座の目的

「豊かさとやすらぎ 共に創り上げる ときめきの米沢」の実現を目指し

(1)自分の住むところを「共に創り上げる」ための学びの場を提供すること

(2)市などへ各種提言等を行うことができる人、地域の財産となる人を養成すること

(3)市民と行政との連携を深め、学びの成果を庁内で活かすシステムを作り庁内の生涯学習推進体制の整備を進めること

(4)コミュニティビジネスを利用した継続可能なまちづくりグループの育成を図ること

このページのトップに戻る

講座プログラム

講座プログラムは、こちら【PDF】 をご覧ください。

【PDF】をご覧の際、必要です

このページのトップに戻る

講座の内容

全12回の連続講座。以下の3つの学びを組み入れてカリキュラムを作成しました。

(1)「まちづくり」に必要な視点や市民と行政との協働のまちづくりの先進事例の学び

(2)市の現状や計画についての学び

(3)提言書作成方法の学びと、作成演習をとおしての学び

(4)まちづくり事業費を利用して具体的なまちづくり活動の学び

  • 1回目  開講式 米沢市市長・オリエンテーション・講義「まちづくりの提案とプランづくり」講師 IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所] 代表 川北 秀人 氏
    開講式・オリエンテーションのあと講義がスタート。
    米沢市長あいさつ 講師 IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所] 代表 川北 秀人 氏 協働によるまちづくりの提案とプランづくり →「協働型まちづくりの推進には、市側から協働のパートナーとしての主体を発掘する働きかけと、市民側からの課題提起を対等平等の観点から受けとめられる制度や環境の整備」「まちづくり組織が維持できるプランづくりと資金繰り」コミュニティビジネスの観点からご指導をいただきました。  
  • 2回目    「恋するように仕事したい」 講師 NPO法人マイスタイル@こだいら 代表 竹内 千寿恵 氏 PTAで知り合ったお母さんたちがコミュニティビジネスを立上げました。「前年度のプレゼンテーション受講」・グループ編成「まちづくりスタート」
    演題「恋するように仕事したい」 ホームページづくりをとおして苦労しながらも地域をつなげ活性化させていったお話は感動的でした。商店主にご理解いただけなくてもめげずに活動し続ける様子は学ぶものがたくさんありました。受講者の質問で涙する場面がありましたが、他の受講者が逆にホローする場面があり、体当たりの講義は本当に聴き応えがありました。
  • 3回目   事例研究@「多摩に団塊の世代のコミュニティビジネスをぞくぞく誕生させています」〜大人のためのライフスタイルを応援「多摩らいふ倶楽部」立上会員3万人〜」講師 多摩信用金庫 価値創造事業副部長 長島 剛 氏
    会社を退職し第二の人生を模索している市民をコミュニティビジネスをとおして地域デビューさせていらっしゃいました。公益的事業を信金が支援していることにびっくりしました。市民が起こしたコミュニティビジネスを資金ショートさせることのないよう指導しているところはさすが銀行マンでした。
  • 4回目   「地域コミュニティを基盤とした新しいビジネスの育成を目指します」講師 コミュニティビジネスサポート センター 代表理事 永沢 映 氏
    コミュニティビジネスのまちづくり成功事例や手法及び発想・考え方などをご指導いただきました。全国の事例をとおして、なぜそのような活動をしていくことができたのかを図を交えながらわかりやすく御指導いただきました。
  • 5回目   「食から始まる地域づくり」 講師 「食の都庄内」親善大使、イタリア料理店 「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ 奥田 政行 氏
    「地元の人が価値を見出さなければ都会にだって売り込めない」世界の料理人1000人に選ばれシェフです。まったくのゼロから食をとおして自分をづくり、地域をつなげていった手法は学ぶところがたくさんありました。御本人曰く「楽しんでやってきたからできたんですよー」とまったくそのとおり!学びの原点でございました。  
  • 6回目  "遠州夢倶楽部"の酒屋さんたちが集まってオリジナル商品づくり。農家の規格外じゃがいもでホテトチップス年20万袋販売。授産施設も連携。 講師 遠州夢倶楽部(浜松市)役員 有限会社あらかわ 荒川 能宏 氏
    農家で規格外になって処分していたじゃがいもを超低価格で仕入れ、新聞配送車の空き時間を利用し低料金で回収、閑散期のホテトチップス製造工場を低料金で利用、製造コスト低料金で付加価値の高いホテトチップスを年20万袋販売。カレーなどレトルト食品も製造販売も手がけ、授産施設にも仕事を回してまちに豊かさを提供していました。
  • 7回目    「シニアは地域の埋蔵金〜アイディアはまだまだ若いものには負けない〜」   三鷹CB研究会 協議会幹事 堀池 喜一郎 氏
    行政と協働事業など地域に貢献する事業型NPOの活動をしていらっしゃいました。シニアSOHOビジネスを手掛け、生きがい創造の中間支援をしていらっしゃいました。「時間はタップリあって、なんかしたいけど難しいことを今からする自信もない。」という市民を集め、今までの経験が講師等として事業化できないかを聞き出し地域デビューさせいました。さすが地域活性化伝道師でした。

  • 8回目    「まちづくりと私」講師 米沢市長  出前講座「まちづくり総合計画」「米沢市の財政」講師 米沢市職員
    行政に対する質問や御意見をたくさん頂戴し、白熱した講座になりました。
  • 9回目    「まちづくりの提案とプランづくり」 〜「まちづくりプラン大賞」コンペティション〜に向けたプレゼン指導  講師 IIHOE 代表 川北 秀人 氏
     少子高齢化や人口減少問題など現代的課題を御提示いただき考えさせられた講義でした。

  • 10回目   「前年度受講者のプレゼンテーション」  講師 前年度人財養成講座受講者

  • 11回目   演習プレゼンテーション最終確認  
    グループごとにまとめたそれぞれのプランをもとに、改善指導。
  • 12回目  「まちづくりプラン大賞」コンペティション 発表&審査会・終了式
    「まちづくりプラン大賞」コンペティション審査発表会を伝国の杜大会議室で行いました。午前中はリハーサルを行います。午後2時から本番です。市長、教育長他、たくさんのお客様にお越し頂き、米沢を良いまちにしたいという熱い思いを受講生の皆さんに提言していただき、事業費を獲得していただきました。 結果は、最優秀賞 50万円  丸山 幸司さん 「米沢クチコミ観光案内所の設立」/優秀賞  20万円 市民の湧気プロジェクトチーム 高橋 英夫さん 「米沢を発展させる100シーズを束ねる湧気プロジェクト」 でした。

このページのトップに戻る

「まちづくりプラン大賞」コンペティション発表資料 及び「まちづくりの提案」プレゼンテーション & 提言書

【PDF】をご覧の際、必要です

このページのトップに戻る

Copyright Yonezawa Yozan University All Rights Reserved.