平成20年度米沢鷹山大学まちづくり人財養成講座の様子

米沢鷹山大学まちづくり人財養成講座とは

この講座は「米沢市まちづくり総合計画第1期実施計画登載事業」として、18年度から20年度の3ヵ年にわたり、毎年受講生を募り実施するものです。

このページのトップに戻る

講座実施の背景

1.米沢市生涯学習振興計画(平成14年策定)に基づく施策として

 本市の目指す生涯学習=「市民主体の生涯学習によるまちづくり」

 基本構想=生涯学習によって人づくりを行い、人づくりをまちづくりに繋げること

 基本目標=「米沢鷹山大学の整備・充実」と「生涯学習推進体制の整備」

「米沢鷹山大学の整備・充実」のために学習機会の提供や学習活動の支援に努めてきました。さらに「学びの成果の評価と活用」施策を充実させたいという思いがありました。また、「生涯学習推進体制の整備」として「庁内の生涯学習推進体制の整備」をさらに進めたいとの思いもありました。

2.「米沢市まちづくり総合計画」(平成18年策定)で掲げたまちの将来像を実現するため

 将来像=「豊かさとやすらぎ 共に創り上げる ときめきの米沢」

   基本=「協働のまちづくり」

新しい総合計画では、「協働のまちづくり」が基本になっています。その計画の実現のために生涯学習担当部局としてできること、行うべきことを考えました。

このページのトップに戻る

講座の目的

「豊かさとやすらぎ 共に創り上げる ときめきの米沢」の実現を目指し

(1)自分の住むところを「共に創り上げる」ための学びの場を提供すること

(2)市などへ各種提言等を行うことができる人、地域の財産となる人を養成すること

(3)市民と行政との連携を深め、学びの成果を庁内で活かすシステムを作り庁内の生涯学習推進体制の整備を進めること

このページのトップに戻る

講座プログラム

講座プログラムは、こちら【PDF】 をご覧ください。

【PDF】をご覧の際、必要です

このページのトップに戻る

講座の内容

全12回の連続講座。以下の3つの学びを組み入れてカリキュラムを作成しました。

(1)「まちづくり」に必要な視点や市民と行政との協働のまちづくりの先進事例の学び

(2)市の現状や計画についての学び

(3)提言書作成方法の学びと、作成演習をとおしての学び

  • 1回目  「まちづくりの提案 〜提言とは〜」
    開講式・オリエンテーションのあと講義がスタート。
    米沢市副市長あいさつ・「市民の皆様から出される提言発表を楽しみにしている。」 講師 福島大学 学長特別補佐 山川充夫 氏 まちづくりにおける市民協働とは →「誰かがやってくれるから」から「自分たちがやる」への転換。まちづくりには、市民が自分らしさを実現する「場」が制度として保障される必要がある。市民がその個性を生かせることが出発点。「自己実現」から「コミュニティ発展要求」へ。 「提言」をどう導くか → 山川先生の論文 「ふくしま市民協働型まちづくりの展開と課題」を例に提言の構成と政策提言に際して考慮すべき事柄を学びました。
  • 2回目   「前年度のプレゼンテーション受講(米沢藩の夕日ルネサンス)」・グループ編成「まちづくりスタート」
    前年度のプレゼンテーション、米沢藩の夕日ルネサンス 「米沢フェスティバル」を開催するための提言 (「米沢を活気と魅力ある暮らしやすいまちにしよう会議」グループ)についてを受講しました。 ・「まちづくりスタート」・グループ編成は、まちづくりに関して興味のあることを付箋にたくさん記入し、自分の研究テーマを設定する。テーマを大分類しグループ化しました。各グループに分かれて、それぞれの研究テーマを絞っていきました。提言内容は、講座受講を重ねながら、グループごとに集まり決めていきます。
  • 3回目   「協働・共創によるまちづくり」
    東海市の市民の方を講師に迎えました。 なぜ、東海市はまちづくり市民委員会が必要だったか → 鈴木市長が、市職員当時行政マンとして一生懸命してきたことと、市民のニーズとの間に差があることを感じたから。 まちづくり市民委員会活動の評価と提案 → 評価の大会は、市民の願いに対して行政がどう対応しているか、行政の通信簿のようなもの。情報公開が前提。提案の大会は、ロジックモデル(論理の道筋を仮説として示す)を用いている。 現状と課題 → 以前は事務局を行政に置いていたが、今は委員会の中に。よちよち歩きからやっとちょっと出たくらい。行政の担当者に求めているのは、「市民が主体になってやっている」ことをはっきり示してもらうこと。指導なのか、協力なのか、介入なのかを意識して、介入は拒む。大会の参加者が固定化している。委員50人と職員と議員が主で、一般市民は25〜40人しか集まらない。委員には、行政を敵対的に見てしまう人がいる。行政はすぐ変わるわけではない。長い目でみなくては。委員の資質をどう高めるか。コミュニティに行くと要求がでる。「自分たちでやったらどうですか」というと市に要求し、また「任せておけ」という議員がいる。これでは改善しない。コミュニティやNPOなどにも「提案」に参加してもらう方向を考えている。市民参加とは、委員に公募したり大会に参加することだけではなく「住んでいる場所での参加」。全体でまちを創っているという意識になるのが最終目標。
  • 4回目   市の政策「米沢市まちづくり総合計画」「米沢市の財政」を学ぶ。提言に向け6回目の講義(出前講座行政編)の内容を検討し、出前講座メニューから選択
    市の政策「米沢市まちづくり総合計画」の全体像と「米沢市の財政」の厳しい現状を学びました。提言に向け6回目の講義(出前講座行政編)の内容を検討し、出前講座メニューから選択し、テーマにあった 行政分野での講師の選定をしました。
  • 5回目   「持続可能な歩いて暮らせるコンパクトなまちづくり」
    低炭素社会づくりの実現・大規模集客施設が及ぼすまちづくり構造の変化をまなびました。 コンパクトなまちづくりをテーマにEU・アメリカ・日本を比較。それぞれの長所・短所と土地利用・財政 環境・交通・防災など、国による政策の違いを詳細に学びました。 提言に向けグループごとに8回目の講義(出前講座)の講師を選定しました。
  • 6回目   「出前講座@(行政編)(米沢市まちづくり出前講座メニューから選択)」
    総合政策課・都市計画課・商工課・観光課・環境生活課の職員がそれぞれのグループの疑問に対応しました。
  • 7回目    グループごと政策提言書作成・「事例研究A「ましこ町民大学が 育んだもの」
    栃木県益子町から15人が訪れました。 悠楽塾とは → H10年から14年まで「ましこ町民大学」が実施され、1期の修了生で「悠楽塾」を設立し、4期まで希望者が入塾している。57名。まちづくりに役立つ取組みを行っている8つの研究室。キーワードは「環境・福祉・まちおこし」。得意分野で住民との交流促進を行っている4教室。キーワードは「趣味・健康・歌」。図書館友の会研究室では、図書館の開館時間を延長したいため町に申し入れ、平日の午後5時から8時まで、当番制で図書館の受付ボランティアをしている。スリースタークラブ研究室では、高齢者のためにできることを企画し行っている。 問題点と解決の方向 → 活動している人はいくつもの研究室や教室をかけもちして忙しい。全く活動していない人もいる。新しい塾生を増やしたい。町はお金がないと町民大学再開に応じてくれないので、自分たちで再開することにした。各研究室、教室ともできるだけ具体的でより実現できる新しいテーマを掲げて、楽しみながら続けていきたい。
  • 8回目    「出前講座A(関心分野の講師・内容を選択)(グループごとに決定)」
  • 9回目    「まちづくりとコミュニケーション」 〜だがしや楽校の事例から〜
    東北芸術工科大学教授 片桐隆嗣 氏を講師に迎えました。  「まちづくりとコミュニケーション」-だがしや楽校の事例から-と題してご講義していただきました。 学校週休日における市民参加型の子どもを対象とした社会教育活動の提案→自分みせをしたい大人が、子どもを契気にコミュニケーションを楽しむ場としてだがしや楽校を催す。いろいろな価値を実現できた。市民のためのフリーソフトとして注目が集まった。青少年のボランティア活動の場として/異世代間交流の場として/ベンチャー精神を養う場/経済体験学習の場/お父さんの地域活動への参加の契機/地域活性化の契機(商店街の活性化や広場づくり)/総合的な学習として/まちづくりへの提案とだがしや楽校開催により「まちづくりは人づくり」「人づくりは生き方づくり」→「私が生きる場所はどのような場所なのか」「その場所でどのように私は生きていくのか」「生き方」を考える場づくりとして利用/だがしや楽校普及にあたり芸工大の学生と共に活動。
  • 10回目   「提言その後の活動について」
    宇都宮大学教授の廣瀬 隆人先生を招いて「提言その後の活動について」をテーマにご指導いただきました。 活気のあるまちになるには「市民の力」が必要。思いの強さが現状を変えていく。まちの見方が変わった。→まちを視る。人との交流の場を見る、疑問を持つ。公共との付き合い方が分かる。聴いてまとめて形にしていく。答えは足許にある。まず楽しむことがなければうまくいかない。「〜してほしい」ではなくて「〜する」。「〜では」はやめる。ボランティアの人には、ハッキリありがとうということ。言葉がエネルギーの源です。言わないと「ありがとうといわなかっと」3年はいわれ続ける。まちづくりは、一人ではできない。米沢で何をしたいのか、変えたいところを出しあって、自分がしていくことを学ぶ。まちづくりで最初に変わるのは自分。最後に変わるのも自分。その間にまちが変わる。まちづくりというと「意識改革」というが、意識なんてすぐに変わらない。「ネットワーク」「連携」「協働」というけれども、大事なのは「一緒にいて楽しい」という感覚。
  • 11回目   演習プレゼンテーション最終確認
    講師 福島大学 学長特別補佐 山川充夫 氏 グループごとにまとめたそれぞれの提言をもとに、山川先生から改善点をご指導いただきました。
  • 12回目  「まちづくりの提案」プレゼンテーション・基調講演・終了式
    「まちづくりの提案」プレゼンテーション 伝国の杜大会議室で行いました。 午前中はリハーサルを行いました。 午後からの本番では、市長、教育長他、たくさんのお客様にお越し頂き、米沢を良いまちにしたいという熱い思いを受講生の皆さんに提言していただきました。プレゼンテーションのあと、提言書を市長に提出しました。

このページのトップに戻る

「まちづくりの提案」プレゼンテーション & 提言書

【PDF】をご覧の際、必要です

このページのトップに戻る

Copyright Yonezawa Yozan University All Rights Reserved.