平成19年度米沢鷹山大学まちづくり人財養成講座の様子

米沢鷹山大学まちづくり人財養成講座とは

この講座は「米沢市まちづくり総合計画第1期実施計画登載事業」として、18年度から20年度の3ヵ年にわたり、毎年受講生を募り実施するものです。

このページのトップに戻る

講座実施の背景

1.米沢市生涯学習振興計画(平成14年策定)に基づく施策として

 本市の目指す生涯学習=「市民主体の生涯学習によるまちづくり」

 基本構想=生涯学習によって人づくりを行い、人づくりをまちづくりに繋げること

 基本目標=「米沢鷹山大学の整備・充実」と「生涯学習推進体制の整備」

「米沢鷹山大学の整備・充実」のために学習機会の提供や学習活動の支援に努めてきました。さらに「学びの成果の評価と活用」施策を充実させたいという思いがありました。また、「生涯学習推進体制の整備」として「庁内の生涯学習推進体制の整備」をさらに進めたいとの思いもありました。

2.「米沢市まちづくり総合計画」(平成18年策定)で掲げたまちの将来像を実現するため

 将来像=「豊かさとやすらぎ 共に創り上げる ときめきの米沢」

   基本=「協働のまちづくり」

新しい総合計画では、「協働のまちづくり」が基本になっています。その計画の実現のために生涯学習担当部局としてできること、行うべきことを考えました。

このページのトップに戻る

講座の目的

「豊かさとやすらぎ 共に創り上げる ときめきの米沢」の実現を目指し

(1)自分の住むところを「共に創り上げる」ための学びの場を提供すること

(2)市などへ各種提言等を行うことができる人、地域の財産となる人を養成すること

(3)市民と行政との連携を深め、学びの成果を庁内で活かすシステムを作り庁内の生涯学習推進体制の整備を進めること

このページのトップに戻る

講座プログラム

講座プログラムは、こちら【PDF】 をご覧ください。

【PDF】をご覧の際、必要です

このページのトップに戻る

講座の内容

全12回の連続講座。以下の3つの学びを組み入れてカリキュラムを作成しました。

(1)「まちづくり」に必要な視点や市民と行政との協働のまちづくりの先進事例の学び

(2)市の現状や計画についての学び

(3)提言書作成方法の学びと、作成演習をとおしての学び

  • 1回目  「まちづくりの提案 〜提言とは〜」
    開講式・オリエンテーションのあと講義がスタート。
    なぜいま「まちづくり」なのか → だんだん消えていく「コミュニティ」。「関係の豊かさ」の復興が課題。地域力とは、地域問題の解決とはどういうこと?自分たちで解決していく中で、結果的に「関係の豊かさ」ができてくる。豊かになるためにまちづくりをするのだから、関係の豊かさが伴わないと本当の「まちづくり」ではないのでは。関係の豊かさの構築=「見えない建設」。 「提言」をどう導くか → 清水先生の論文 「地方都市郊外型住宅団地の空洞化問題」を例に提言の構成と政策提言に際して考慮すべき事柄を学びました。
  • 2回目  「米沢のまちのここが好き。ここを変えたい。」「まちづくりスタート」
    宇都宮大学教授の廣瀬 隆人先生を招いてのワークショップで受講生の笑顔があふれました。
    まちづくりで最初に変わるのは自分。最後に変わるのも自分。その間にまちが変わる。まちづくりというと「意識改革」というが、意識なんてすぐに変わらない。行動していく中で変わる。「共通理解」なんてない。自分が思ったように思う。「ネットワーク」「連携」「協働」というけれども、大事なのは「一緒にいて楽しい」という感覚。まず楽しむことがなければうまくいかない。「〜してほしい」ではなくて「〜する」。「〜では」はやめる。ここは米沢。まちづくりは、一人ではできない。(邪魔はできる) ワークショップ → 米沢のすきなところ、変えたいところを出しあって、最後にグループができました。
  • 5回目  「協働・共創によるまちづくり」
    東海市の市民の方を講師に迎えました。
    なぜ、東海市はまちづくり市民委員会が必要だったか → 鈴木市長が、市職員当時行政マンとして一生懸命してきたことと、市民のニーズとの間に差があることを感じたから。 まちづくり市民委員会活動の評価と提案 → 評価の大会は、市民の願いに対して行政がどう対応しているか、行政の通信簿のようなもの。情報公開が前提。提案の大会は、ロジックモデル(論理の道筋を仮説として示す)を用いている。 現状と課題 → 以前は事務局を行政に置いていたが、今は委員会の中に。よちよち歩きからやっとちょっと出たくらい。行政の担当者に求めているのは、「市民が主体になってやっている」ことをはっきり示してもらうこと。指導なのか、協力なのか、介入なのかを意識して、介入は拒む。大会の参加者が固定化している。委員50人と職員と議員が主で、一般市民は25〜40人しか集まらない。委員には、行政を敵対的に見てしまう人がいる。行政はすぐ変わるわけではない。長い目でみなくては。委員の資質をどう高めるか。コミュニティに行くと要求がでる。「自分たちでやったらどうですか」というと市に要求し、また「任せておけ」という議員がいる。これでは改善しない。コミュニティやNPOなどにも「提案」に参加してもらう方向を考えている。市民参加とは、委員に公募したり大会に参加することだけではなく「住んでいる場所での参加」。全体でまちを創っているという意識になるのが最終目標。
  • 7回目  「まちづくりの提案(1)」
    提言書作成演習が始まりました。
    清水先生作成のワークシート(その1)をこの日までグループでまとめてくる宿題でした。グループごとに発表し、清水先生から、様々なご指摘、ご指導を受けました。そのあと、ワークシート(その2)の説明がありました。 →・テーマ設定を絞って具体的に ・誰の立場で ・誰に向けて ・誰が実現 ・具体的方法、手段は  次回の清水先生の講義(12月1日)までの宿題です。
  • 8回目  「まちづくり・人づくり・生涯学習」
    本市生涯学習アドバイザーの瀬沼先生の講義です。
    生涯学習 → S40ユネスコで初めて「生涯学習」という言葉が提唱された。教育の制度を人生の中に再配置。欧米はリカレント。企業で働くことと学習を繰り返す。アメリカで法制化されてから約10年後日本でも文部省に「生涯学習局」ができた。学歴社会から学習歴社会を目指すもの。高齢期こそ学習が必要。日本は職業教育よりも、教養、趣味になってしまった。まちづくりでは、中高年をどうつくるかが大事。生涯学習はその方法としてある。 まちづくりの歴史と課題 → 経済の時代から文化の時代に。文化によるコミュニティづくり戦略として、シンボルを見つけ、具現化、事業化する。地域文化発展のためには、プロの導入、広報媒体を持つ、資金づくりなどが大事。
  • 10回目  「ましこ町民大学が育んだもの」
    栃木県益子町から15人が訪れました。
    悠楽塾とは → H10年から14年まで「ましこ町民大学」が実施され、1期の修了生で「悠楽塾」を設立し、4期まで希望者が入塾している。57名。まちづくりに役立つ取組みを行っている8つの研究室。キーワードは「環境・福祉・まちおこし」。得意分野で住民との交流促進を行っている4教室。キーワードは「趣味・健康・歌」。図書館友の会研究室では、図書館の開館時間を延長したいため町に申し入れ、平日の午後5時から8時まで、当番制で図書館の受付ボランティアをしている。スリースタークラブ研究室では、高齢者のためにできることを企画し行っている。 問題点と解決の方向 → 活動している人はいくつもの研究室や教室をかけもちして忙しい。全く活動していない人もいる。新しい塾生を増やしたい。町はお金がないと町民大学再開に応じてくれないので、自分たちで再開することにした。各研究室、教室ともできるだけ具体的でより実現できる新しいテーマを掲げて、楽しみながら続けていきたい。
  • 11回目  「まちづくりの提案(2)」
    提言書作成も大詰めです。
    清水先生が提言の実例(「蓬莱ショッピング空間の再生のために」を紹介し、もう一度提言書の構成を学びました。 → ・何が問題だったのか ・課題を整理 ・問題解決の方向性 ・具体策(アイディア)の提案  ワークシート(その2)をグループごとに発表し、質疑応答や意見の出し合いをしました。各グループの提言を受講生全員でさらによいものにしていくための、貴重な時間で、受講生の一体感を感じました。
  • 12回目  「まちづくりの提案」プレゼンテーション
    「まちづくりの提案」プレゼンテーション
    午前中のリハーサルではハプニングもありましたが、本番では、4グループともバッチリ決まりました。プレゼンテーションのあと、提言書を米沢市に提出しました。
    来場者約70名。受講生の熱い思いが伝わったことと思います。

このページのトップに戻る

「まちづくりの提案」プレゼンテーション & 提言書

【PDF】をご覧の際、必要です

このページのトップに戻る

Copyright Yonezawa Yozan University All Rights Reserved.